オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: 日記

チェンマイからのつぶやき(´-`).。o()

皆様

新年号ですが、内容があまりおめでたいものではありませんので、
新年のご挨拶は年が明けてからと云う事で、ミニコミ誌を発信
させて頂きます。
2020年は波乱の幕開けとなり、2021年はさらに大波乱の年と
なることが予測されます。(ネガティブ思考で云っているのでは
ありません)歴史の大転換/分水嶺の年と言い換えてもいいでしょう。
様々な分野で、転換を余儀なくされるならば、その大波をどの
ように乗り越えるのか、乗り越えられるのか、波に飲み込まれ
てしまうのかは、心構え(Attitude)次第です。押し寄せてくる
波はだれの目にも明らかなのに、ただ茫然と眺めているだけで
いる人もいるでしょうし、逃げ惑ったり、泣き叫ぶ人が居たりもする
でしょう。…だから、常々『そなえよつねに』と云って来たのです。
『備えたくても余裕がない…』『…時間も金もない』『おまけに、
気力・体力もない…』では、「終ヮ!」です。「新年早々、それは
ないでしょ!」と、憤怒されましたか?!本当に足らなかったのは、
怒りのエネルギーでした。
本当の優しさを秘めた日本人に足らないのは、怒りのエネルギー
です。今年は大いに発揮しましょう。先ずは、ババボボーと叫んで
から!追伸:新年初風呂は1月2日ハーブサウナ寺に初詣とサウナ
浴+プラーオの天然温泉入浴を愉しんで来ようと思っています。
東京近郊の方は、川崎の尻手にある縄文温泉/志楽の湯で新年
初風呂を愉しんで下さい。お薦めです。

チェンマイからのつぶやき(´-`).。o()

皆様

10月中旬から、立て続けに(4度も)入退院を繰り返し、遂には
院内で呼吸困難に至って、呼吸器科系専門病棟のある病院に
救急転院し、又しても、生き延びて来ました。死線を彷徨い乍ら
脳裏に浮かぶ事柄は、相変わらず『七人の侍プロジェクト構想』
と米国大統領選の行方、日本国内の政治風土の迷走。等々。
トランプ大統領の頑張りに負けていられない『強い気持』が、
ネガティブな状況を払しょくするパワーにもなっているようです。
私の取り巻きの人たちの、多いなる援けや、励まし、ご厚情にも
感謝し切りです。有難うございます。退院次第書き下ろしたもの
で、推敲していませんが、来年はこの方針で行きますので宜しく
お願い申し上げます。

本多   ミニコミ誌 (年末増刊号)

 

チェンマイからのつぶやき(´-`).。o()

皆様

雨季明けと同時に気温が急速に下がり始め、チェンマイの朝方の気温は20℃を
下回って(体感気温はこれより低く、バイク走行時は15℃くらいに感じるように
なって)来ました。それでも日中は30℃を超え、一年中で一番過ごしやすい季節
でもあります。そんな最高の季節を迎えながらも、重苦しく息苦しい(実際3度目
の短期入院の)原因は、Pm2.5だけでなく、フェイクニュース・ネガティブニュース・
によるストレスも要因/起因になっているようです。

上から下まで千々に乱れ切ったこの世相は一体何なんだ!の感は深まるばかり
ではないですか?米国のマスメディアも左傾化の色彩を一層強め、ディ-プステート
の影響を受け、事実・中立の報道をしなくなっている。正に報道機関ではなく、
プロパガンダ機関に徹しているということだ。ついには、GAFAまでもが個人から企業、
国権にまで検閲をしだし、言論の自由さえ奪おうと動き出している。

自由社会の危機に直面していることに危機感を覚えるのは、私ばかりではないと思います。

次号120号は、1月元旦午前0時に発信いたします。くれぐれも健康にご留意頂き、

良い年をお迎えください。結束のきずなを一人でも多く結ぶ行動を起こしてください。

チェンマイからのつぶやき(´-`).。o()

皆様

 

今号も、例に漏らさず前号の続きです。とは云え、取りようによってはかなり偏執質
の強い内容ですから、是々非々でお受け取り下さい。先ずは、前号一面下段の動画
が掲載されていない項目(デービッド・アトキンソンの正体‐2) がありましたね。
発刊日の前日の放映だったため掲載不能でした。今回掲載しましたので、ご覧下さい
(重要動画)。それと、前号四面の終わりの方に記載した10月17日(メーホンソン県・
クンユアム)の慰霊小旅行が、慰霊以前に、あわや私自身が幽霊になる寸での処で
無数の英霊や先人、地元の病院のスタッフ・同行者の援けを借りて、又しても生還して
戻って来た話などをお知らせします。

 

 それらは本文をご覧いただくとして、新政権発足と同時にウジ虫共(左傾マスコミ・
反日勢力)が、騒音をまき散らしていますね。政権側は、銀蝿に孵化する前にウジ殺し
を巻いて駆除している事も分かっていません。ハンコ廃止も同様です。重要な印鑑は
当然残し、不要なハンコは廃止しようと云う単純な話すら理解できないでは、小学生
レベル以下としか言えないでしょう。そんな程度の高学歴者を炙り出し、一掃しよう
という動きを察したら、本当に頭の良い人ならどうするでしょうか?
観点・視点を180°360°変えながら、是々非々で自己を防衛し、確立していくしかありません。

 

 コロナウイルス感染拡大の中、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

 

 本多

ミニコミ誌 (発刊118号)

チェンマイからのつぶやき(´-`).。o()

皆様

長年使っていたディスクトップのソフトウェアのウィンドーズ7が、バックアップされなくなっても
使い続けていたところ、不具合が生じて先月ウインドーズ10に切り替えました。勝手に、互換性
があるだろうと思っていましたが、かなり変わっていて、使いこなすまでに多少の時間がかかり
そうです。先月号が送信されていないという方から連絡がありました。
再度今月号に添付いたします。国内外ともに激動の変革期に入って来て、否応なしに翻弄され、
能天気ではいられなくなっている事を実感していますが 如何でしょうか?有象無象の反日分子
も生き残りをかけて徘徊し、もっともらしい言論を展開していますが米国は、中共は敵だと明言し、
中国人は仲間だと云っています。日本の敵は国内外の反日分子です。
菅新総理は所信表明でいみじくも『国民のため』に仕事をする内閣を運営すると発表されました。
国民のためにならない決断を繰り返して来た前政権の補佐役として、苦々しい思いを一掃したい
本音を垣間見ました。
この初心をどこまで貫くかが短命政権で終わるのか、長期政権につなげられるのかの分水嶺です。
仕事師(良くも悪くもゴトシ)の仕事振りを注視して行きたいと思っています。仕事趣味人間の同輩
として、『国民のための仕事』を大切にして欲しいと思っています。

解散総選挙のタイミングは、米国大統領選挙結果を見て決断されるでしょうから、トランプ大統領の再選が決まれば、年内の実施になるだろうと思います。来月号は、このニュースを見てから11月7日頃発信いたします。

コロナ禍で、健康に十分ご留意頂き、ご自愛ください。私はすこぶる元気です。

本多

ミニコミ誌 (発刊117号)

チェンマイからのつぶやき

皆様

安倍首相の突然の辞任に対する論評が飛び交っていますが、誰であれ生身の
人間である以上、病気とケガに遭っては今までの生活の継続が出来なくなる
(日常生活が一変してしまう)と云う事を、改めて思い知らされた事が第一印象です。
元々持病や生活習慣病を抱えている人もいれば、突発的な病気に罹る人もいます。
こればかりは如何様にも致し方のない事で、医療の力に頼り、痛みや苦しみも、本人
に代わって上げる事も出来ないのが病気・ケガだと痛感します。十分ご用心ください。

その意味で、厳しい難病と闘いながら頑張って来られた安倍首相に対して

お見舞い申し上げたいと思います。

本多

ミニコミ誌 (発刊116号)

チェンマイからのつぶやき

皆様

 日本では、首都圏を中心に武漢ウイルスの感染拡大が手に負えない状態で、『一次感染拡大』
より多い『二次感染拡大』が東京を中心に、大都市圏で広がっているのは周知の通りです。
タイ国内報道によれば、5月から7月にかけて連続60日間感染者0だそうで、取り組み姿勢の違い
徹底振りに感心しています。こんな時に業界の要請(圧力)に屈してGoToキャンペーンなど打ち出す
政府の頭は完全に壊れているとしか思えない(更には、キャンセル料を払うの、払わないので、
企画そのものがデタラメなものであることまで露呈している)と、感じるのは私だけでしょうか?

 

 梅雨明け前の豪雨災害・まだまだ続く猛暑・残暑に加え、経済活動も一段と厳しい状態に晒されて
いて、リーマンショックどころではない大恐慌を目の前にして、なすべき政策は消費税の(少なくとも
3年間の)時限凍結(消費税0)をやるか、100兆円の真水を国民に流すしかない。日本のニュース
を見る度に、つくづくチェンマイに居て良かったと実感しています。
現在の気温差は日中34℃朝晩24℃と、10℃差で、雨季なのに初秋を感じさせる爽やかさです。

 

老骨を癒すには実に快適です。    本文中の動画をご覧になって、チェンマイにいらっしゃい( ◜ᴗ◝)و

 

 本多

ミニコミ誌 (発刊115号)

 

チェンマイからのつぶやき

皆様

タイでは、7月1日に殆どの業種の営業が再開されましたが、緊急事態宣言は7月末までとし、

マスク着用・接近注意の規制は解除されていません。実に徹底した規制が敷かれていて、

だらけて感染者数がダラダラと増えている日本のありようが、疎ましく思えて仕方ありません。

チェンマイくんだりから、政権にビシッとやるべきはやれ!と、喝を入れても通じないでしょうね。

ゆとりだの、規制緩和だの、小ずるい政商やYesマンに囲まれて、ユルフンがしっかり定着して

しまっては後の祭りでしかないかも知れません。

上から下までユルフン社会に陥った日本が、これから始まる米中本格冷戦にどう対処するのか?!

正にサバイバル・トゥー・ザ・フューチャーの時代到来シタタカに生き残るにはどうしたら良いのかを、

毎号連載して行きますのでお楽しみに。皆様のご健勝を常々お祈り申し上げます。

本多

ミニコミ誌 (発刊114号)

チェンマイからのつぶやき

皆様

武漢ウイルスの流出を発端とした今回のパンデミックも、一旦は収束に向かっているようで、
こちらの規制も徐々に解除されて来ています。私的には天然温泉とマッサージが解除され
れば申し分ない(1ヵ月半シャワーだけで、風呂に入っていない)のですが、待つしかない
でしょう。キナ臭い臭いも漂って来つつ、経済ボロボロ状態になった周辺国と、日本国内の
国民・企業に政府/政権がどうするのか?冗談抜きで、丁半博打(米国に賭けるか中国に
賭けるか)を見ている気分です。本文に入る前に博打映画(予告編集)をお楽しみください。

https://www.youtube.com/watch?v=cpDfR8hX2HA  藤 純子主演「緋牡丹博徒」

本多

 

ミニコミ誌 (発刊113号)

チェンマイからのつぶやき

日々刻々と変化している武漢ウイルスと世界情勢、そしてそれに伴う様々な情報の中から我々はより正しい情報を見極め、判断し行動を起こさなければならない局面を迎えました。より多くの日本国民と真実を共有し、今まさに本当の意味での「国民の為の政治」を取り戻せるチャンスが到来しているという事に気づけなければ、日本の明るい未来はありません。以下のミニコミ誌の中にも多くのヒントが見え隠れしています!是非ご覧下さい!

皆様

日頃から、自らのバカさ加減を棚に置いて、相手構わずバカだチョンだと愚弄し続けて
来ましたが、 今回の麻生財務相の発言「一律10万円の給付でなく、手を上げた方だけ
…」ほど『馬鹿野郎発言』はない。これに輪をかけた大バカ発言が、これを批判しようと
した蓮舫で、「麻生大臣、このお金は貴方のものではありません。国債という国民の借金
です。物言いに気をつけてください」と云ったことに対して、ネットで(国債は政府の借金
であって国民の借金ではないことを国民は知ってしまったので)叩かれ捲くっていました。
共に、お金の意味も、国債の意味も全く分かっていないで、政治屋家業をやっている事が
バレバレの発言です。(同じ穴の狢だと云う事です)
嘆かわしい政治風土の中で、国民は翻弄されながらも、ネット空間の発言が徐々に
存在感を表して来ているようです。YouTube番組のコメント欄に投稿することも、国民の
声を発する有効な手段でもあります。自粛要請期間でもあり、今号は動画をふんだんに
掲載しましたので、ゆっくりとご覧ください。
先週の土曜日(4月25日)には、雷雨と共に雨季に入りました。早速突然の停電で、往生
しましたが、これから半年間の雨季に何度停電になるでしょう?原稿を書くそばから
バックアップが必要になります。私は、おかげさまで、元気を取り戻しています。皆様も
くれぐれも免疫力アップの生活を心がけてお過ごしください。
本多