ブログ│有限会社ビー・ティー・プロ

オフィシャルブログ

チェンマイからのつぶやき

皆様

台風19号が日本列島直撃の予報ですが、こちらでは、そろそろ雨季が明けそうです。
雨期明け最後の激しい雷雨と停電が頻繁だと云う事です。先月の台風15号の影響で、
千葉県全域が長期間にわたる大停電に見舞われた事は周知の通りです。
原因と結果について様々な見解や議論がなされていますが、『国民の生命財産を守る』
責任を放棄し、東電に責任の所在を転嫁させている政府と、緊縮財政を推進し、財政出動
によってなすべき保守・補強(国土強靭化)を妨げて『取り返しのつかない国づくり』に邁進
している財務省のあり方に憤りを感じると共に、日本の中枢部の老化と劣化を危惧します。
雨季のチェンマイでは頻繁に停電が発生しますが、1~2時間もすれば通電する体制が
しっかりできています。くれぐれも、台風19号の直撃被害に遭わないようにご注意ください。
本多

チェンマイからのつぶやき

皆様

お気づきになりましたか?表題(テーマ)の上のフェースシートの住所が変っています。

時代も住所も意識も変る…。

8月2日、事大主義・反日国に対するホワイト国除外の決定がなされ、溜飲の下がる思いをされた日本国民が95%強だった事は久々の朗報と受け止めています。

経産省が行った国民の意見聴取(パブリック・コメント40,666件)の中で、1%ではあったが、ホワイト国除外反対の意見があったとも発表された。「有識者」だの、「知識人」などと呼ばれ、自他共に反日日本人を表明して憚らない3人が呼びかけ人となり、愚人達77人が連名して『韓国は敵か?』と呼びかける広告を出したやに聞いている。私に言わせれば、「韓国以前に、お前らが日本の敵だ」と云いたい。

バカ共が『韓国は敵か?』という愚問を発していた早々に、GSOMIAを破棄するという答えを韓国側から出して来た。

「日本人であれ、外国人であれ反日は敵だ」という国民の共通認識を深めなければ、これからの日本は危うい。国防意識の大前提がこれで、敵・味方の区別が着かなくて戦ったら、味方のはずだと思っていた敵に背中から打たれてしまう。

ピュアタイ 本多

ミニコミ誌 (発刊104号)

チェンマイからのつぶやき

皆様

雨季に入ってからも晴天の日が続き、今年は雨が少ないのかな?と思っていたら、降り始めました。 降ったら降ったで、降り過ぎによる洪水が心配になります。日本も異常気象で大規模な避難命令が出されたりして大変ですね。

Pure/Thai  マッサージ店・ステイルームを閉店しても、新たに  『七人の侍プロジェクト』を立ち上げて、「チェンマイにいらっしゃい」 第二ステージが始まります。このプロジェクトが稼動し始めるまで、稼動し始めてからも、関連した記事が延々と続きます。紆余曲折・試行錯誤・一期一会など、世界情勢、国内外状況に翻弄されながらも、レポートして行くつもりでいます。  そして、第三ステージは、 当初事業計画の 『 くつろぎのいおり デベロップメント 』に取り組みたいと思っています。

果たしてそこまで辿り着く(息がもつ)かどうか、保証の限りではありません。それ故に、思いの丈を書き遺し、次世代の誰かが共鳴し、具現化してくれればそれで満足というスタンスで続けます。

終戦記念日が近づいて、今年も8月15日の慰霊祭に参加するつもりでいます。インパール作戦で亡くなった英霊の方々の殆どは、  戦闘で亡くなったのではなく、赤痢・コレラ・風土病・飢餓状態・重傷などで亡くなったと聞きます。これらの方々の思いや如何に。   今のままの自分で良いのか?今の日本はこれで良いのか?義憤を胸に慰霊に参加したいと思っています。

ピュアタイ 本多

ミニコミ誌 (発刊103号)

チェンマイからのつぶやき

皆様
この七月で、Pure/Thai開業11周年を迎えます。と、云いつつ今年中か遅くとも
来年の5月の賃貸契約期間満了までに、一旦閉店することは決めてもいます。
「60・70は働き盛り」(渋沢栄一遺訓)に励まされて、後期働き盛りの10年間、
体力と気力を振り絞って事業の後継者づくりに邁進したい。
ありきたりの発想と行動では、なし得ないことは幾らでもあるし、一人二人では
出来ない事でも、 三人・四人、七人揃えば出来る事は幾らでもある。七人の侍
プロジェクトは、『あなた』の持っているポテンシャルを生かす壮大なビジョン(夢)
の実現を包含しているポジティブな事業計画です。
今、足りないもの(出来なくしているもの)は、お金でも、時間でも、環境でもあり
ません。自分の可能性を信じない消極的(ネガティブ)思考と行動でしかあり
ません。『自分の可能性を諦めないために』と云うのが今号のテーマです。
ピュアタイ 本多

ミニコミ誌 (発刊102号)

チェンマイからのつぶやき

皆様

 一時的に回復し、完治したかに見えたPm2.5喘息がぶり返し、気温40℃連続の
猛暑日と相まって、のぞまないダイエット5~8kgが達成され、体力は極端に減退し、
呼吸・歩行困難(階段の上り下りに息が切れ、1階ごとにハーハー/ゼイゼイ状態)
に陥り、腰痛と首筋痛まで加わって、最悪なコンディションの5月でした。
正にモルモット(私は子年うまれ)状態で、開き直り外的環境に挑戦する絶好機と
捉え、天然温泉湯治療法・呼吸法・タイ古式マッサージ ・RJ補給・地場の漢方薬・
食事療法などによって、自然治癒力を実体験・体感しています。
体力と体重の回復だけが残りのテーマですが、これも雨季に入れば3ヶ月~半年
くらいで解決されるでしょう。日本も異常高温気象に見舞われているようですから、
皆様も充分ご自愛ください。
ピュアタイ 本多

チェンマイからのつぶやき

皆様

前号に比べ、今号は動画がたっぷり挿入されていますので、10連休のゴールデン
ウィークに、ゆっくりと全画面に拡大してご覧下さい。
本誌読者の方々にはお馴染みの「マイペンライ」は、本来の意味とは真逆の意味合い
があって、山岳民族をはじめ地元の農家が禁止警告・忠告にも拘らず毎年2月中旬から、
4月にかけて「マイペンライ」で山焼きを続けた結果、今年PM2.5の濃度が中国・北京を
追い越し、チェンマイ市内が世界最悪の大気汚染地区(一部地域ではAQIが300を超え
ると健康被害が出る中、677) になったと発表されました。
これでは、とてもじゃないが「チェンマイにいらっしゃい」とは云えない。( ネガティブ情報も
忖度なしに、しっかり伝えてこそのミニコミ誌=現職時代も同様のスタンスでした。)
この最悪な環境下に於いても、私自身はネガティブではありません。咳や痰が止まらず、
呼吸困難になって、酸素吸入器や人工呼吸器が欲しいと思うくらいの症状になりながら、
頑として病院や医院には行かない。健康は害しても、カラ元気を含め元気だけは保っていて、
自らの自然治癒力に期待してみた。地元産の(咳止め痰切り)漢方薬と、ローヤルゼリー
の効果のほども、自分の身体で試す絶好の機会と捉え、挑戦してみた。勿論、天然温泉・
タイ古式マッサージ・による循環器系の活性化にも注目してみた。…やはり、自然治癒力
はしっかり働くことが実感でき、現在は完治し健康状態も良好です。
敢えて、「この時期にチェンマイにいらっしゃい」とは云わないまでも、手遅れ、 お迎えが
来る前に、ご自身の自然治癒力の凄さを実体験・実体感しに「チェンマイにいらっしゃい」
とは言い続けよう。
有意義な10連休をお楽しみください。
ピュアタイ 本多

チェンマイからのつぶやき

皆様

今年中にPure/Thaiマッサージ店を閉店し、新たな事業プラン(Project)の構築と共に、
日本との関わり、皆様方との関わりを、より深化させようという計画を立てています。
自動車メーカーの日産やホンダが、英国からの撤退を22年までに行うと発表しましたが、
大小の違いはあれ、基本的には同じような考え方 (維持・継続は可能でも、外的環境の
変化、業績の低迷により、先行きの発展性が見込めなければ切り替えが必要) だという
事です。何よりも危惧するところは、この事業に参画し、参加者の中から継承したいと
いう人が出てくる程の魅力ある事業体でなくなっている事です。
起業の原点に立ち戻って、継承したくなる事業づくりを提起するのが本号のテーマです。
前号のメールメッセージで、継続配信打ち切り予告を出したところ、多数の方から、
ありがたくも継続配信 マイペンライ!の返信を頂き意を強くしました。それでも、連絡

が取れない(メールアドレスが変更されている、その他の)方は、削除させて頂きます。

ピュアタイ 本多

チェンマイからのつぶやき

皆様

今号は、健康がテーマです。このところ    ミニコミ誌の内容が、以前に増して辛辣な
政権批判が多くて…、と辟易されておられる方も少なくないかも知れません。
何たって!毎日激辛の唐辛子(キー・ヌー)を食していますから、 ゴジラなら口から
火を吐くように、本音が辛辣になっている事をご容赦頂きたいと思っています。
基本的には、チェンマイ発ババボボー(馬鹿野郎)の戯言でしかないと、捉えて頂いたら、
 寛容の幅も広がるというものです。
とは云うものの、一方的に配信されて来て迷惑だと思っても、『配信中止』『配信お断り』
とまでは言い辛い方や、受信と同時に消去されている方も居られるでしょう。ご感想・
ご批判・ご意見を頂いている方には継続配信させて頂きますが、それ以外の方で、
継続配信をご希望される方は、(配信OK 又は、マイペンライ!と返信ください)
返信のない方への配信は、次号・発刊99号を持って一旦終了させて頂きます。

長年お付き合い頂いたことに感謝申し上げますと共に、ご健勝をお祈り申し上げます。

ピュアタイ 本多

ミニコミ誌 (発刊98号)

チェンマイからのつぶやき

皆様

 カナン㈱代表 兼 ピュアタイ店主 本多さんからの投稿です。
※お詫び ミニコミ誌(発刊95号)が抜けていました。今号と併せてご紹介致します。是非ご覧下さい!

年明けの1月3日、誰が仕掛けたか知りませんが、瞬間風速的に円ドル為替相場が

104円台を付けました。輸出関連メーカーや商社・金融筋は、円安を歓迎しますが、
輸入関連業者や海外在住者は円高大歓迎です。去年の米国はドル高・株高で好景気
に沸いていました。日本経済の脆弱性は、円高に振れると即株安につながると云う事
です。円高でも株高にする施策が打てない所にあるでしょう。逆に言えば、内需拡大・
内政重視の施策を打ち出していない所作(証)でもあります。具体的には、国家の基本
である富国強兵(国土強靭化・科学/技術の向上・愛国教育の欠落・国防意識の啓蒙
など)に、消極的な施策をとっている限りに於いては、デフレからの脱却も、景気浮揚も
望めません。それなら、どうするか?というのが今号のテーマです。
 
皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。
 
ピュアタイ 本多

新年のご挨拶(遅れましたが・・・)

皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨年同様本年も変わらぬお付き合いをどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は弊社社員としてベトナム人2名が来日し、夏前には我々の仲間入りをする予定です。日本人とベトナム人、どちらが勤勉か!非常に楽しみです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

早速ですがこちらは新年早々のタイ国チェンマイからのつぶやきです。

どうぞお楽しみください!

皆様

新年明けましておめでとうございます。チェンマイは、朝晩は20℃を下回り、
昼は30℃前後と、日本人にとって一番過ごしやすい季節に入ってきました。
北タイの去年のTopニュースは、全世界に報じられた、洞窟に閉じ込められ
た少年を全員無事に救出した特殊部隊と、救援ボランティアの活躍でした。
これに引換、貧困化が進んでいる国民よりも、外国人を優遇する事を政府の
方針にしている国のあり様を見ていては、心身ともに疲弊するしかないですね。
残り少ない人生の時間、最後のご奉公に何をすべきか?そんなことを考え
ながら、 1年の計を立てましょう。(正月休暇を利用して、上記の洞窟を見に
行って来ました。既に名所化され、多くの観光客が押し寄せ、商魂逞しい
地元民は売店を連ねていました。)
ピュアタイ 本多